二人だけの結婚式を挙げるメリットとデメリット

昔の結婚式は本人たちよりも両家の親のために挙げるというイメージがありましたが、今はそのあたりもゆるくなったのか少人数だけ、または二人だけの結婚式を挙げるカップルも多くなったと聞きます。

二人だけの結婚式を挙げる理由についてはいろいろあるのでしょうが、いわゆるさずかり婚のような急な結婚が理由というよりも、結婚式の後の生活のことを考えて結婚式の費用はなるべく抑えたいという方が多いと聞き及んでいます。

結婚式という華々しい思い出も大切でしょうが、その後に控える育児や子供に掛かる教育費、住宅購入、そして老後への蓄えを考えた場合、たしかに結婚式で何百万円も使っていられないというのが本音なのかもしれません。

昔と違って結婚する世代の収入は一向に良くなりませんし、良くなる兆しすら見えません。

そういった意味でも結婚式を低予算で済ませようという考えは理解できます。

それに二人だけで結婚式を行うのでしたら、親類家族を呼ぶ必要が無いため海外の教会で結婚式を行うという選択肢も出てきます。

両家のご両親には寂しい話かもしれませんが、これも時代の流れなのかもしれませんね。

今人気だという二人だけの結婚式ですが、人気の理由は「結婚式にかかる費用が安い」

「自分好みの結婚式ができる」

「式場を海外などにするなど家族や友人等の都合を考えずに選択できる」

「準備に手間暇がかからない」

「自分たち以外に人がいないので気分的に楽である」

などあります。

更に「結婚式に来てもらえる友人がいないので、その辺りを考える必要がないのが助かる」

という後ろ向きの理由もあるようです。

一方、実際に二人だけの結婚式を挙げた後に「両親に晴れ着を見せてあげたかった」

「お祝い等を貰えない」

といった声も聞かれます。

あと面白い意見として「普通の結婚式で行われるような様々な準備を二人で協力して行ったこともも合わせて本当の結婚式だ」

という意見もあって確かになあと頷いてしまいました。

本当は身近に結婚した人がいれば具体例も出せたのですが、私の身近には結婚をする人が全くいないので具体例を挙げることができません。

ですからインターネットや本で知った知識だけでお話することになることをご容赦ください。

私が参考にしたのはこちらのホームページ等になります。

二人だけの結婚式を挙げるならコチラ